So-net無料ブログ作成
-| 2016年06月 |2016年07月 ブログトップ
前の10件 | -

インストラクター 試 験 ! [海外生活]


 

試験前にみっちりお勉強するので、ほとんど落ちる人はいません。

 

試験前に、他ショップなども合同で、コース生を集めて集中的にお勉強するコースが開かれます。

 

ドイツ語英語日本語コースがあります。

 

Instructorコースを開催できるのは、コースディレクターという偉い方です。

 

資格で言えば最高ランクでしょう[ぴかぴか(新しい)]

 

とても経験豊富で、人間味がある人です[パンチ]

 

タイ生まれで日本人の奥さんと別れて、その奥さんが道を挟んだ反対側でショップを営業しているそうです。

 

まさに人間味の固まりです[目]

 

 コースには、本土を挟んで反対側の島からも参加してきています。

 

シーズンが正反対みたいで、ここはハイシーズンですが、反対側はオフシーズンだそうです。

 

女子生徒なので花が増えます[ムード]

 

そのエリアでも、船上でイケない薬パティ―などがあるそうで、警察に掴まっているのも見かけるそうです。薬物ぜったにダメ![むかっ(怒り)]

 

もう一人の女性は、日本のdiving全国紙の元モデルさん。スタイル抜群です[キスマーク]

 

コースでは、学科のプレゼンテーション、水中のデモンストレーションなどを繰り返し行います。

 

いよいよ試験です。

P_20160607_222143.jpg

 

本部の国から試験官が来ています。

 

ドイツ語英語日本語コース合同で行われます。

 

オーストラリアでは日本人が圧倒的に多いそうですが、ここは一番少ないです。

 

試験問題以外はすべて英語です。

 

課題もすべて英語ですが、ノープロブレム。

 

振り向けばコースディレクター見守ってくれます。

 

と言うか、同時通訳してくれます。

 

 学科試験は、マニュアルを見ながら行えますが、時間がない為、頭に叩き込んでいます。

 

続いてプロジェクターを使った学科のプレゼンテーション。

 

一人前に出て、喋り捲ります。

P_20160607_222031.jpg 

 

同時通訳でコースディレクターが付きます。

 

ちょー緊張します。

 

手汗どころではありません。

 

しかし、真剣なのは受験者のみ。

 

コースディレクターと試験官は世間話をしていたそうです。

 

ポイントになる言葉だけ通訳していたという事ですが・・・

 

次の日、水中でのデモンストレーション。

 

日本人トップバッター。

 

しかも前の組のアメリカ人と組まされます。

 

試験官からスキルの中でいくつかミスをするように指示があります。

 

水中でレギュを意味もなく、レギュレーターを外せと言う指示。

 

レギュは空気を吸うためくわえるものです。

 

それを外せと言うことは、当然呼吸できません。

 

普通なら気が付きます、しかし水中の環境&試験と言う緊張状態では、目に入っても気が付かない事が多くあります。

 

事故防止から苦しくなったら、指摘される前にレギュをくわえ直すように言われる。

 

しかし、指摘されずに加えたら、生徒は減点されます。

 

その為、生徒同士助け合うそうです。

 

世界共通らしいです。

 

本当ですか?[耳]

 

アメリカ人生徒のイントラの番が来ました。

 

生徒役4名で、正面位に来た時に、レギュを口から正面に飛ばす感じで吐きだしてあげました。

 

リアクション オーバー気味。

 

「早く、早く・・・」水中で薄れていく意識の中、やっと気が付きレギュをくわえさせてくれました。

 

やばかったです[がく~(落胆した顔)]

 

合格し、試験官と記念撮影[わーい(嬉しい顔)]

 

YOUは、最年少のinstructorだと言われました」どうやら、申請用紙の生年月日欄に、

申請日を記入していたようで、年齢は10歳だとか[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]


葬儀 [海外生活]

instructorコース生は、私含め日本人2名(男11)後半に男1名。

 

他ショップからも3名、合計6名です。

 

男性は東京でカメラマン助手の仕事をしていたそうです。

 

女性はオーストラリアのワーホリで、divinginstructorコースに入っていましたが、

 

担当instructorが窃盗などをしたので、コースが終了出来なかったそうです。

 

オーストラリアから直接やってきて参加しています。彼氏が日本にいるそうです。

 

先生となるコースディレクターという偉い方についてみんなでお勉強します。

 

divingのこれからについて熱く語ったり、

 

instructorになった後はどういった道に進もうだとかいろいろ時間を共有しました。

 

ほとんどいつも一緒に行動しています。

 

しかし、自分だけ風邪になり数日休みました。

 

祝海外病院受診デビュー

 

インターナショナルホスピタル受診。熱が高いと思われる状態で、カブで走り何とか到着。

 

唯一の日本人スタッフは風邪で休みらしい。

 

はい!英語で診察です。

 

確実に二度と受診しないと思いますが、診察券をもらいました。

 

 

 

次の日宿にショップから電話がかかってくる。

 

「コース生の女性が亡くなりました」

「・ ・ ・」

 

「葬式が今日の夕方行われる」

 

何が何だか、理解できません。

 

その女性のアパートへ行きました。

 

ドイツ人女性と部屋をシェアしていたそうです。

 

他ショップからも、多くの日本人の人たちが参列してくれています。

 

部屋にぎゅうぎゅう詰めで座り、お坊さんがやってきて葬儀が始まりました。

 

話を理解できていない状況で、外国での葬儀です。

 

同じ仏教なので、大きな違和感なく行ったのではないかと思います。

 

 

 その後レストランに移動し、参列した人も含め食事会が開かれました。

 

葬儀で気が付きませんでしたが、日本からご両親が来られていました。

 

タイは、時差があります。

ご両親の腕時計は、日本時間を示しています。

 

気丈に挨拶されていました。

 

 

 

 

次の日、ショップに集まります。

 

日本人チーフマネージャーから事故の説明がありました。

 

わたしが休んでいる時に、いつものようにスタッフなどの集まりがあったそうです。

 

その帰り道、バイクでカーブの途中、対向車両とぶつかり亡くなったそうです。

 

国際免許の期限も切れてしまっていたそうです。

 

しかも、ぶつかった車の運転手は、どこの誰だかわかっているそうですが、警察は逮捕に行かないそうです。

 

出頭してくれば捕まえると言われ、遺体確認へ行ったマネージャーも、

 

そこは納得いかないと話していました。

 

女性が、Instructor試験に合格し、日本へ帰国する2週間前の出来事でした。

 


イルカと泳ぐ!

なぜdiverになったかと聞かれます[耳]

イルカとー泳ぎたかったから[exclamation]

はい!うそです[わーい(嬉しい顔)]

飲み屋にのおねー様がダイビングをしたと聞いてその気になりました。

はい!かもられていたころです[わーい(嬉しい顔)]

Instructorになりたいと思ったのは、やはり最初に教えてもらったinstructorの強い影響でしょう。

Instructordiverにとって今後に影響を与えています。

良い事も悪い事も色々ありますが、続けてみたい続けていきたいと思ってもらえるのも、

instructorの腕だと思います。

 最初の海の講習でのInstructor は、

○○大卒、アメフト部、〇菱銀行就職。

かし、ダイビングに目覚め、職をやめ離島でdiverになり、セブ島で働いていたそうです。

顔も小さく8頭身、しかも逆三角形の細マッチョです。

わたしが水中実習中エア切れまじかで、その人のもう一つの空気源“オクトパス(オクト)”をもらいました。

”崖っぷち効果”です。 危険な状況と、恋愛のドキドキが似たような状況で

Instructorに恋をしてしまう[揺れるハート]

危なかったです[ハートたち(複数ハート)][わーい(嬉しい顔)]

なによりも、“海外へ行き生活した“と言う事に衝撃を覚えました。

すごい、かっこいい、自分には出来ない っと・・・

自分には出来ない?

その時はそう思いました。

それから自衛隊の戦闘機修理などの平凡な仕事をしながら、たまにダイビングで非日常の刺激を受けていました。

日々の日常生活で、振り返ると

しまったなぁ、あの時これをしていれば、

あれをしていればといろいろなものがたまっていきました。

それが海外生活へと思い立ったと思います。

しかし、実際海外へ行って、生活も出来た。

会話もそれなりに出来た・・・

やってしまえばそれほど高いハードルではありませんでした。

はじめの一歩を踏み出せば、何とかなる。

マイペンライ!

ダイビングでは、お客さんと一期一会の大切な経験をもらい、

水中は多種多様な魚に会い、海外生活では、想像を超えた生活も出来ました。

“はじめの一歩!”これからも大切にしていきたいです。

最初に教えてもらったinstructorですが、そのショップの歴代の中で一番使えなかったそうです・・・

水中のコースも把握できなくて、魚の知識もない。

ショックでした[がく~(落胆した顔)]

楽しみましょう。

お客さんに聞かれたら、“イルカと泳ぎたいから”と。




”ワーホリ” [海外生活]

 Instructorになるなら、コースも多彩なオーストラリアを選択する場合が多いです。

ワーキングホリデーでプログラムが組まれていることもあります。

しかーし、そこはあえてアジア

かっこいい。

ワーホリではなく、手続等すべて自分で手配などしました。 

自らハードルを上げます。

はい!お金がありません。

滞在するには、物価も大事ですからね。

 

 担当熱血イントラも、ワーホリ経験者

オーストラリアから、そのままここへ移ってきました。

一緒のコース生も、オーストラリアワーホリからそのままタイに来ました。 

オーストラリアでも、instructorコースに入っていたそうですが、

担当イントラにお金など持ち逃げされて、散々な目にあったそうです。

それでアジアに流れてきたと・・・ 

オーストラリア・パースの切手をもらいましたが、形見になってしまいました[もうやだ~(悲しい顔)]

コース生の知り合いもオーストラリアから流れて来ました。 

 就職も、容易です。

他のショップに、常勤で働き始めます。

日本人は、世界中に散らばっているので、ダイビングでも需要があり就職も可能です。 


 私が日本に戻り、他県でinstructorとして経験を積み重ねます。

ライセンスを初めてとった、地元ショップ戻ってきました。

ショップスタッフもワーホリ経験者。

タイの話をしたら、コース生や、その知り合いも、知っていました。

なんて世界は狭いのだろうと思いました。

It's a small world


”パニック” ② [海外生活]

 フィンやウエイト等次々に交換していきます。

しかしストレスでしょう[がく~(落胆した顔)]

緊張すると、吸い込むのが多めになってしまい、浮力がついてしまいます。

徐々に身体が浮いてしまいます。

思いっきり吸うたびに”ふわっ”っと。

BCにウエイトを入れて・・・」 

その為だったのか。

タンクの残圧もかなり少なくなってきて、タンクの浮力も増えてしまいます。

ストレスも増大していきます[がく~(落胆した顔)] [がく~(落胆した顔)]

なかなかの課題です。

なんとか最後にマスク交換になりました。

P_20160617_070220.jpg

2人いっぺんにマスクを外します。

その瞬間ストレスマックス![がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)]

身体がかなり浮いてしまい、くわえている相手のレギュが口から外れそうになってしまいます。

なにをどうすれば立て直せるのか、判断ができませんでした。

 パニック です[どんっ(衝撃)]

レギュが外れ、「水面まで急浮上だ」と無意識に行動します。

もがていると、熱血担当イントラが、目の前にレギュを差し出してくれました。

I love you.[揺れるハート]      命の恩人 日常生活だったら、恋愛関係です[揺れるハート][揺れるハート]

スキル中断。

どっぷり疲れて、ボートに戻ります[ふらふら]

その時は思いませんでしたが、まさしく”死ぬ”と思った出来事でした。

死ぬのは、その場では判断ができない精神状態なんだろうか。っ

と考えられるなら、まだ大丈夫ですかね。


しばらくして、ダイビングプールの水底で、男性生徒バディと機材交換。

“死”を乗り越えています。

バディはあたふたしていますが、こちらは冷静です。

「すごい冷静ですね。不安がなくできました」と。

ストレスを経験することで、人は磨かれていく事を実感しました。

バディには、パニックの件は話さず。かっこいいままにしておきました。

その辺は小さなプライドでしょうか[わーい(嬉しい顔)]




”パニック”  ①  [海外生活]

ダイブマスターコース

ダイブマスターは、プロのライセンスになります。

学科&スキルをプロレベルまで習得します。

インストラクターコースでは、プレゼンテーションなどティーチングが主になるので、

このダイマスコースでしっかりスキルを身に着けます。

このライセンスを取れば、水中ツアーを引率できるようになります。

学科もあれば、スキルをプールで練習などや、

デイトリップで、ファンダイブのアシストで本数を増やし経験を積んでいきます。

インストラクターまでに100本は最低潜らないといけません。

課題の一つで 初めて ”パニック”[がく~(落胆した顔)] になりました。

水中で 自分とバディが 身に着けている機材を、全て交換する課題です。

水深が浅いプールで行うのが殆どのようです。

担当熱血イントラは違いました・・・ 

デイトリップのアシスタントです。

タンク内の空気も少なくなり、1本目終了。ボートに戻ります。

うねりや潮の流れもあって、ちょっと疲れ気味です[ふらふら]

1分で話し合って、水底で機材交換しにすぐに潜るから」

「???」初耳です[耳][耳][耳]

バディは同じコース生の女性、知っている課題のようです。

BCにウエイトを入れて行くよ」っと[耳][あせあせ(飛び散る汗)]

 P_20160617_070143.jpg

BC SCUBAPRO Sプロ スタビライジングジャケット CLASSICC ZERO G 単体商品ダイビング 重器材 bc スタビ 送料無料 中性浮力←↑ BC:Buoyancy Compensator 浮力装置

   空気を出し入れして、浮力を調整するものです。

「???」なに、話し合いってそれだけ。

ボートからジャイストで海に入ります。[たらーっ(汗)]

1本目終了後のインターバルなので、大勢の外国人に見守られて潜降していきます。

スタッフは、微笑んでいます。

悪魔の微笑か?

水底に到着。

プール深度の比ではない深さです。

潮の流れも少しあり、おさかなさんが周りに泳いでいます。ファンダイブなら楽しいポイントです。

機材交換開始。

と思いきや、水中スレートで”バディブリージング追加”

課題がもう一つ増えました[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

一つのレギュだけで、交互が呼吸しあうスキルです。

ハードルが跳ね上がります。

”いなや予感がします・・・” よね?[わーい(嬉しい顔)]


合 コ ン ! [海外生活]

たまに飲み会があり 参加します[ビール][バー]


当然ですが、ほぼ外国人です。



スイス人と会話している写真が残っています。



わたしもとびっきりの笑顔です[わーい(嬉しい顔)]

写真は、会話していてとても和やか。

実際会話もスムーズにしています。



嘘ではありません。

P_20160615_230710_HDR.jpg


はい!日本語です[手(チョキ)] 

とても流暢に日本語を話せる方でした。

かっこいい写真になりました[カメラ]

ありがとうございます。

ドイツ人女性に心引かれてしましました[ハートたち(複数ハート)]

飲みながら

ベトナムアメリカ人


 

スイス人



イギリス人、


 

アメリカ人



急激にヒヤリングが磨かれた席です。


あと数席でドイツ人女性の隣です[揺れるハート]


ドイツ人男が割り込んできました。


おっと、肩に手をまわしました[目]


仕方がありません同国のよしみでしょう。


おっと、今度は耳元に顔を近づけています[目][目]


しょうがありません。ここは異国の地、同国同士近寄ることも有る。


早くどいてください。


ヒヤリングが磨かれたが、発音は磨かれません。


“どいて”の単語なんて思いつきません。


おっと、チューをはじまめした[キスマーク][目][目][目][目][目][目][目][目]


祝海外失恋デビュー[失恋]


外国人入り乱れての色恋沙汰がゴロゴロありました[ハートたち(複数ハート)][トイレ][ハートたち(複数ハート)]


恋愛は国を超えても様々あるようです。


タイ人とできちゃった婚のドイツ人


軽いノリのスイス人と結婚した日本人女性、のちにスタッフ。

ドイツ人スタッフと付き合い、日本人女性客に手を出した日本人スタッフ・・・

国際結婚のハードルも低いみたいです。[わーい(嬉しい顔)]


山賊! [海外生活]

 日本のタイ王国名誉領事館で長期ビザをもらって出国しました[飛行機]



タイ人になりきっていましたが、長期ビザの期限が切れそうなことを思い出しました[ひらめき]


 

ビザが切れたら・ ・ ・ 


 

不法滞在者のならず者です[ドコモ提供]




 

就労ビザが摂れるわけがありません。

デイトリップではめったにありませんが、

P_20160614_222339.jpg(イメージ) 


 

ダイブクルーズ(船上で宿泊し、ダイビングポイントを移動する)が帰港した時、


 

たまに警察が待機していることもあります。



就労ビザを持っているかどうか調べるためだそうです。



              [飛行機]          [飛行機]            [飛行機]



ビザの為に、日本に戻るのもお金がかかりすぎます。


 

一度他国に出て、再度戻ればビザが所得できる、



ビザラン(現在は、厳しくなっているようですね)なるものがあります。



 申し込みました。



今回の旅行で初めて、日本語で申し込めました。


 

タイの旅行会社です。



お店に入ると、どうみても日本の女性ではありませんか。



なにやらタイ旅行中に、タイ人と仲良くなりいろいろあり住んでいるそうです。


 

“いろいろ“あったそうです[わーい(嬉しい顔)]


 

女性が働いて生計を立てているそうです。


 

日本人、けなげです[トイレ]

 

[バス]                   [バス]                    [バス]



日本の日帰り旅行をイメージしていました。

マイクロバスで、まったりゆったり出来るかな、っと軽いノリです。


 

 はい!ぼろのバン、自分より一回り以上ある大柄な男性。


 

車内ぎゅうぎゅうです。  3人掛けシートの真ん中、肩身が狭い。


 

両隣りの人、タトゥー入っています。


 

右の人は模様



 

左の人・・・



冷奴(ひややっこ)”。


 

意味が解るので、とてもその話題で話しかけられません。



 隣国へのビザランです。

P_20160607_221236.jpg 


国境近くで船に乗り換え、水上の入国審査所へ移動。


車ならちゃちゃっと終わると思うのですが・・・?


 

山道は  山賊 が出るから危ないそうです。



その人の知人が遭遇したそうです。



危険です。(何分昔の話なので、今はいないかもしれません)



このブログを見ている外国人の方、



安心してください、日本の県境には山賊は出ません。




ダイビング 楽しめる人! 楽しめない人! [海外生活]


 潜るには ”お金” です。
 これはどうも ストレートすぎます。
   
  はい! ”メンタル” です。 


トップレスの中をかいくぐる、ビーチダイビングもあります。

しかし、デイトリップがメインです。



その日は、担当熱血イントラの水中ガイドのアシスタント。

お客さんは5人。

一人旅のアメリカ人・・・なんかきょどっている様子。

水中だときょどり具合が異常です。きょろきょろもすごい速さ・・・

IMGP0099.JPG 



エアー消費も早いです。吐き出される、気泡が次から次へと排出されています。

グループ移動ですが、そのアメリカ人だけ途中ですが、

2人で一緒に浮上のサインをだされボートに戻ります。

水中からフロートを膨らませ、先に海面へ打ち上げます。

フロートにロープがつけてあるので、つかまりながら 水深5m・3分とどまります。

 ”安全停止”です。

離れて並走するボートがフロートに気が付きピックアップ。

その間もきょどっています。こちらも移りそうです。

300本くらい潜っているようですが、メンタル面に難ありですね。



 メンタル面と言えば、日本人はメンタル面に弱く、特に男性が厄介な場合があるそうです。



 

外国人は、ストレスがあっても地力でねじ伏せられるようです。

ショップで、日本人はメンタルが弱く、外国人スタッフは日本人をガイドしない。

日本人スタッフは外国人をガイドできる。と言われました。

日本人客は日本人しかケアできないそうです。

そのショップの統計の様ですが・・・

オーナーがドイツ人で客もヨーロピアン中心なので、ケースが少ない気もします。

しかし言われて納得するような気も。



 Divingメンタルのスポーツと言われることがあります。

最初は機材や移動などで体力的に不安視されますが、慣れてきたらメンタルです。

水中でぽけーっとリラックスすればするほど、エアーの消費量も少なく、無理なく潜れます。

でもエアーの消費が早くても心配いりません。
それだけ頭を使っている証拠です[手(チョキ)]
脳を使えば酸素消費量も上がりますからね。
どんどん酸素を吸いましょう。[るんるん] 


大根 が命を守ります! [海外生活]


 IMGP0097.JPG

ダイコン:命の次にくるような大切なアイテムになります。

はい!ウソです。 ごめんなさい<m(__)m>

 

IMGP0094.JPG 

 ダイコン・ダイビングコンピューター です。 



初日です。

デイトリップ1本目が終了してふと見ると、ダイコンが水没している。



命の次に大事なのに・・・



海外ダイビング1本目 天国から、まさに地獄に落とされた気分です。



[もうやだ~(悲しい顔)]     [がく~(落胆した顔)]     [もうやだ~(悲しい顔)]     [がく~(落胆した顔)]

ボート上、どうすることもできません。

店はありませんが、人がいます。 

アシストでついている、日本人のお客さんが、2個 大根 を所持されていました。



それ~となく話を聴くと[耳]、懸賞で当たったので“何となく”持ってきたと・・・



“なんとなく、何となく何となく・・・



  [ひらめき]      [ひらめき]       [ひらめき]       [ひらめき] 

海外旅行で、脳みそを日本に置いてきた、のほほ~ん状態からおさらばです



どうしたら“何となく”の物をゲットできるのだろうかと、頭をフル回転させます[ぴかぴか(新しい)]



全く思いつきません[ふらふら] ストレートに言うしかないのか・・・[あせあせ(飛び散る汗)]



2本目



アシストで後方やや上からついていきます。



ふと、後ろに気配を感じます。くるっと振り返ると・・・

IMGP0098.JPG 



マンタです、マンタ。3m以上はあります。



叫びます。水中で叫び続けます。通常ダイブベルを鳴らして呼びますが、叫んだほうが早いと判断しました。

「うぉ~」[あせあせ(飛び散る汗)]



全員で振り返り[目]「おぉ~」「わぉ~」っと、水中でも声が聞こえます。それほどに大きくて優雅でした。



はい!ダイコンgetできました。



ボートに上がってテンションが上がっているすきに、交渉しました。こちらも命がかかっています。

何もしていませんが、海に感謝いたします。





ダイビングコンピューター(ダイコン):普通のダイビングタンクは、

 周りの“その”空気(酸素:窒素=28200倍に圧縮)が入っています。

空気中の酸素は体内で使われますが、窒素は体内に溶け込み溜まってしまいます。

水面に浮上する時に、溶け込んだ窒素の量が多すぎると

血管内で、炭酸飲料を開けた時のように気泡が発生し、

いわゆる“潜水病”“減圧症”です。“どえらい”ことになります。



そうならないように、窒素が適度に排出され、安全に水面まで戻ってこれるように

深度と時間をもとにいろいろややこしい計算をしてくれるのが、

ダイブコンピューターです。

まさにコンピューターです。





こうしてダイビングネタを書いていると、海に潜って思いっきり窒素吸いたい気分になります。


前の10件 | -
-|2016年06月 |2016年07月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます