So-net無料ブログ作成

イルカと泳ぐ!

なぜdiverになったかと聞かれます[耳]

イルカとー泳ぎたかったから[exclamation]

はい!うそです[わーい(嬉しい顔)]

飲み屋にのおねー様がダイビングをしたと聞いてその気になりました。

はい!かもられていたころです[わーい(嬉しい顔)]

Instructorになりたいと思ったのは、やはり最初に教えてもらったinstructorの強い影響でしょう。

Instructordiverにとって今後に影響を与えています。

良い事も悪い事も色々ありますが、続けてみたい続けていきたいと思ってもらえるのも、

instructorの腕だと思います。

 最初の海の講習でのInstructor は、

○○大卒、アメフト部、〇菱銀行就職。

かし、ダイビングに目覚め、職をやめ離島でdiverになり、セブ島で働いていたそうです。

顔も小さく8頭身、しかも逆三角形の細マッチョです。

わたしが水中実習中エア切れまじかで、その人のもう一つの空気源“オクトパス(オクト)”をもらいました。

”崖っぷち効果”です。 危険な状況と、恋愛のドキドキが似たような状況で

Instructorに恋をしてしまう[揺れるハート]

危なかったです[ハートたち(複数ハート)][わーい(嬉しい顔)]

なによりも、“海外へ行き生活した“と言う事に衝撃を覚えました。

すごい、かっこいい、自分には出来ない っと・・・

自分には出来ない?

その時はそう思いました。

それから自衛隊の戦闘機修理などの平凡な仕事をしながら、たまにダイビングで非日常の刺激を受けていました。

日々の日常生活で、振り返ると

しまったなぁ、あの時これをしていれば、

あれをしていればといろいろなものがたまっていきました。

それが海外生活へと思い立ったと思います。

しかし、実際海外へ行って、生活も出来た。

会話もそれなりに出来た・・・

やってしまえばそれほど高いハードルではありませんでした。

はじめの一歩を踏み出せば、何とかなる。

マイペンライ!

ダイビングでは、お客さんと一期一会の大切な経験をもらい、

水中は多種多様な魚に会い、海外生活では、想像を超えた生活も出来ました。

“はじめの一歩!”これからも大切にしていきたいです。

最初に教えてもらったinstructorですが、そのショップの歴代の中で一番使えなかったそうです・・・

水中のコースも把握できなくて、魚の知識もない。

ショックでした[がく~(落胆した顔)]

楽しみましょう。

お客さんに聞かれたら、“イルカと泳ぎたいから”と。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

”ワーホリ”葬儀 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます