So-net無料ブログ作成

”ワーホリ” [海外生活]

 Instructorになるなら、コースも多彩なオーストラリアを選択する場合が多いです。

ワーキングホリデーでプログラムが組まれていることもあります。

しかーし、そこはあえてアジア

かっこいい。

ワーホリではなく、手続等すべて自分で手配などしました。 

自らハードルを上げます。

はい!お金がありません。

滞在するには、物価も大事ですからね。

 

 担当熱血イントラも、ワーホリ経験者

オーストラリアから、そのままここへ移ってきました。

一緒のコース生も、オーストラリアワーホリからそのままタイに来ました。 

オーストラリアでも、instructorコースに入っていたそうですが、

担当イントラにお金など持ち逃げされて、散々な目にあったそうです。

それでアジアに流れてきたと・・・ 

オーストラリア・パースの切手をもらいましたが、形見になってしまいました[もうやだ~(悲しい顔)]

コース生の知り合いもオーストラリアから流れて来ました。 

 就職も、容易です。

他のショップに、常勤で働き始めます。

日本人は、世界中に散らばっているので、ダイビングでも需要があり就職も可能です。 


 私が日本に戻り、他県でinstructorとして経験を積み重ねます。

ライセンスを初めてとった、地元ショップ戻ってきました。

ショップスタッフもワーホリ経験者。

タイの話をしたら、コース生や、その知り合いも、知っていました。

なんて世界は狭いのだろうと思いました。

It's a small world


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

”パニック” ②イルカと泳ぐ! ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます