So-net無料ブログ作成

ダイビング 楽しめる人! 楽しめない人! [海外生活]


 潜るには ”お金” です。
 これはどうも ストレートすぎます。
   
  はい! ”メンタル” です。 


トップレスの中をかいくぐる、ビーチダイビングもあります。

しかし、デイトリップがメインです。



その日は、担当熱血イントラの水中ガイドのアシスタント。

お客さんは5人。

一人旅のアメリカ人・・・なんかきょどっている様子。

水中だときょどり具合が異常です。きょろきょろもすごい速さ・・・

IMGP0099.JPG 



エアー消費も早いです。吐き出される、気泡が次から次へと排出されています。

グループ移動ですが、そのアメリカ人だけ途中ですが、

2人で一緒に浮上のサインをだされボートに戻ります。

水中からフロートを膨らませ、先に海面へ打ち上げます。

フロートにロープがつけてあるので、つかまりながら 水深5m・3分とどまります。

 ”安全停止”です。

離れて並走するボートがフロートに気が付きピックアップ。

その間もきょどっています。こちらも移りそうです。

300本くらい潜っているようですが、メンタル面に難ありですね。



 メンタル面と言えば、日本人はメンタル面に弱く、特に男性が厄介な場合があるそうです。



 

外国人は、ストレスがあっても地力でねじ伏せられるようです。

ショップで、日本人はメンタルが弱く、外国人スタッフは日本人をガイドしない。

日本人スタッフは外国人をガイドできる。と言われました。

日本人客は日本人しかケアできないそうです。

そのショップの統計の様ですが・・・

オーナーがドイツ人で客もヨーロピアン中心なので、ケースが少ない気もします。

しかし言われて納得するような気も。



 Divingメンタルのスポーツと言われることがあります。

最初は機材や移動などで体力的に不安視されますが、慣れてきたらメンタルです。

水中でぽけーっとリラックスすればするほど、エアーの消費量も少なく、無理なく潜れます。

でもエアーの消費が早くても心配いりません。
それだけ頭を使っている証拠です[手(チョキ)]
脳を使えば酸素消費量も上がりますからね。
どんどん酸素を吸いましょう。[るんるん] 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

大根 が命を守ります!山賊! ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます